手の届く範囲の価格帯|結婚指輪を購入するならカルティエ

夫婦

愛の証になる

男女

同じ店同じメーカーで

彼からのプロポーズとともに送られるのが婚約指輪です。この婚約指輪は一生のメモリアルになる特別なジュエリーです。そんな大切なものだからこそ、そのジュエリーが持っている夢や伝説、ロイヤリテイーを感じて選ぶことが大切になってきます。婚約指輪と結婚指輪は同じお店、同じメーカーでそろえて購入するようにしましょう。それぞれのメーカーによってラインの取り方が違いますし、メーカーが違ってきてしまうとデザインは似通っていても厚みや幅、高さが合わなくなっていることがあります。薬指への重ねずけを考えているのならば、同じメーカー同じお店で購入するほうが間違いがありません。二人の約束の証になりますのでお互いが納得した石を選んで婚約指輪に仕立ててください。

色石には脱色するものも

婚約指輪はどんな石を使用して作っても構いません。ダイヤモンドが主流になったのは無傷で純潔無垢のイメージがあるためです。永遠の輝きが婚約の誓いにふさわしいという意見もありますが、冠婚葬祭に広く使われ日本人の滑らかな肌に似合っているということでパールも人気があります。ネックレスやイヤリングなどとセットでそろえてもよい石です。誕生石の婚約指輪で気を付けておきたいのは、ルビーなどにはそれなりの枠が付きますが安価な宝石には、上質の枠がつかないことがあります。色石の価値は枠で決まってしまうと心得ておいて、完成度の高いものを選ぶようにすることが重要です。色石の中には長い間に脱色するものや、色が抜けやすいものもありますので注意が必要になってきます。