手の届く範囲の価格帯|結婚指輪を購入するならカルティエ

夫婦

増えるリングの重ね着け

カップル

無駄なくよりおしゃれに

結婚指輪と婚約指輪の重ね着けが、人気になっています。結婚指輪と婚約指輪、両方を無駄なくいかすことができることが、その理由の一つです。かつては婚約指輪はもらったらそのまましまっておく、という人が多かったのですが、せっかくの指輪を使いこなさないともったいない、いつまでも着け続けたいという人が増えてきたのです。また、重ね着けすることでより華やかに指を彩ることができ、おしゃれに楽しむことができるのも人気の理由でしょう。ショップも、セットリングなど重ね着けを前提とする指輪を販売、提案するところも多くなってきました。二つのデザインに統一感、一体感があり、二つはめることでより美しさ、輝きを増すのが魅力となっています。

重ね着けのやりかたとは

さて重ね着けするにあたっては、どのようにしたらよいかわからない人も多いのではないでしょうか。基本的には婚約指輪は右手の薬指、結婚指輪は左手の薬指にはめるということになっています。しかし実際は、婚約指輪は左手の薬指にはめてもよいことになっており、左手の薬指に重ね着けする人も多いです。また、一般的に結婚指輪を内側に着け、婚約指輪は外側に着けるのがならわしになっています。婚約指輪で、ずっと続く愛の証しである結婚指輪をロックしゆるぎないものにする、という意味合いがあるからです。結婚式において婚約指輪は右手の薬指に着けておき、左手の薬指に指輪交換で結婚指輪を着けた後、婚約指輪をうつしてその外側にはめる、というのが正式な重ね着けのしかたになっています。